2011年02月04日

一定期間更新がないため広告を表示しています

By スポンサードリンク | - | Time : | CM : 0 | TB : 0
2009年09月19日
ヤマシタ トモコ
フロンティアワークス
¥ 630
(2009-07-22)



この前、書店にてヤマシタトモコの『ジュテーム、カフェ・ノワール』を購入。

緑色の装丁が、シックでとても好みでした。
フロンティアワークスやるな。
なんて思いながらウキウキで帰宅。


わたしは基本BLマンガを読む時にはパラ見と本気読みと二段構えなのですが、そのヤマシタトモコの本はどうも見た事があるのです。

ヤバいと思い未読の山を見ると、ありました…。

何時ものフロンティアワークスの装丁の『ジュテーム、カフェ・ノワール』が…。


やややられた…。



でも内容は最高だった…。
はう。

読みたくなるまで待ったかいがあったよ〜。

↓ここから皆様読んでる前提で話すので、まだ読んでない方はスルーでお願いします。


 『こいのじゅもんは』
この話しはゲームをやらないわたしが、かろうじて分かった内容。

「ごめんなさい、戻って来て」が効いたのは魔法使いだったからかしら。
実は聞いてるってのにグッときました。



『クウ・クラウ・カム』

一人は完璧好きで、もう一人は自分好かれてる居心地の良い空間(雰囲気)が好き、って話しに捉えてます。

結局、その空間は壊れてしまうし、内容的にはハッピーじゃないけど、救いようのない話しではないって所が好き。

だって、「さよなら」って言った後は好きに想像していいんだもん。

とりあえず、この二つが好きでした。



この方の話しは、なんで好きかっていうと、その後の想像が膨らむからかな。

何時も、これからどうなるの〜(>_<)って思うけど、だからハッピーエンドではない話しでも楽しく読める。
ハッピーエンドだったら、こうなるのかな?ああなるのかな?って考えちゃう。

焦らしプレイ?(笑)

でもそこがイイ。


友達に面白いからとススメた時に、「内容が地味で、そんなに面白くなかった」と言われた事があります。

確かにBL的大きな展開は無いけど、でも、何気ない日常一つ一つの場面が、とても面白い。
本当に何度も読み返したくなる本です。


やっぱりイイ。
凄くイイ。

オススメです…!!


By スミキ | ヤマシタトモコ | Time : 01:10 | CM : 0 | TB : 0
2011年02月04日
By スポンサードリンク | - | Time : | CM : 0 | TB : 0

Comment form









トラックバックURL :